豊明希望チャペル

 HOME   教会案内   教会ブログ   集会案内   教会地図   LINK 


message archives



 9月6日礼拝メッセージ動画(youtubeハイビジョン対応)


 8月30日礼拝メッセージ動画 (youtubeハイビジョン対応)

 8月30日礼拝メッセージ動画 (mp3 ハイビジョン対応)

 礼拝メッセージ音声ファイル (mp3)  メッセージ原稿 (pdf)


 8月23日礼拝ズーム動画 (youtube高画質対応) ズーム動画 (mp4)

 クリア録音 (mp3) メッセージ原稿 (pdf) 週報 (pdf)


 8月16日礼拝ズーム動画 (youtube高画質対応) ズーム動画 (mp4)

 クリア録音 (mp3) メッセージ原稿 (pdf) 週報 (pdf)


 8月9日礼拝ズーム動画 (youtube高画質対応) ズーム動画 (mp4)

 クリア録音(mp3) メッセージ原稿 (pdf)


 8月2日礼拝メッセージ原稿 (pdf)


 7月26日礼拝メッセージズーム動画 (mp4) メッセージ原稿 (pdf)


 7月19日礼拝メッセージ原稿 (pdf)


 7月12日礼拝メッセージ ズーム動画 (mp4) メッセージ原稿 (pdf)


 7月5日礼拝メッセージ ズーム動画 (mp4) メッセージ原稿 (pdf)


 6月28日礼拝メッセージ ズーム動画 (mp4) メッセージ原稿 (pdf)


 6月21日礼拝メッセージ ズーム動画 (mp4) メッセージ原稿 (pdf)


 6月14日礼拝メッセージ ズーム動画 (mp4) メッセージ原稿 (pdf)


 6月7日礼拝メッセージ ズーム動画 (mp4) メッセージ原稿 (pdf)


 5月31日礼拝メッセージ ズーム動画 (mp4) メッセージ原稿 (pdf)


 【教会沿革】


 豊明希望チャペルは大府市にある、希望教会(現:希望キリスト教会)の開拓教会として、1977年から伝道活動が行われたことにより生まれた教会です。当初「豊明希望教会」として二村台に会堂を定め、ブランネン宣教師による豊明英会話センターとあわせて開設しました。

 1985年より礼拝場所を豊明市福祉体育館の一室に移しましたが、1988年に希望教会の新会堂取得に伴い、大府市共和の希望教会の礼拝に合流することになりました。

  その後1991年まで豊明市の個人の自宅で行われていた家庭集会が基礎となり、1992年よりジム・ニールセン宣教師一家の協力により豊明市における再開拓が開始されました。

 1995年より宣教師館で「豊明希望キリスト教会」の名称のもと、豊明市の礼拝が再開。 現在の場所を会堂として取得したのは1998年で、1999年3月28日に献堂式を行い、名称を「豊明希望チャペル」といたしました。


ジム・ニールセン宣教師

 2008年より、教会としてはじめての日本人牧師として杉本博徳師を牧師として迎えました。その後2016年4月より小向三郎師、2020年4月より林桂司師が牧師として就任し、現在に至ります。


小向三郎牧師

 
 【信仰告白】


1. [聖書]
  聖書は、旧新約六十六巻からなり、すべて神によって霊感された、誤りのない神のことばである。聖書は、神が救いについて啓示しようとされたすべてを含み、信仰と生活の唯一絶対の規範である。

2. [神]
  神は、唯一であり、霊なるお方である。その存在、知恵、力、聖、義、愛、真実において無限、永遠、不変である。神はその本質において一つであるが、父、子、聖霊の三位において永遠に存在しておられる。

3. [神のみわざ]
  神はその主権によって万物を創造し、支配しておられる。神は、みこころのままに、罪人を救うため、時至って御子を世に遣わされた。

4. [人間]
  神は人を神のかたちに創造された。最初の人アダムは神との正しい関係にあったが、サタンの誘惑により、神のみこころに背いて罪を犯し、堕落した。すべての人はアダムにあって罪を犯したので、生まれながら罪の性質を持っており、神の御怒りのもとにある。

5. [キリスト]
  主イエス・キリストは、まことの神であり、まことの人である。主は、聖霊によってみごもった処女マリヤから生まれ、人類の罪のために、身代わりとして十字架の上で死に、葬られ、三日目によみがえり、天に昇られた。主は今、父なる神の右に座して大祭司の務めをしておられる。

6. [聖霊]
  聖霊は、人に罪を認めさせ、新たに生まれさせて、神の子どもとされる。聖霊は、キリストを信じる者の内に住み、その人々を、この世でキリストにあって生きる者とし、キリストのかたちに形造られる。

7. [救い]
  救いは、キリストの身代わりの死を信じる者に与えられる神の恵みの賜物である。罪が赦され、義と認められた者は、滅びることなく、永遠のいのちを与えられる。

8. [教会]
  教会は、キリストをかしらとするからだであり、みことばの宣教により、聖霊によって新生した者の集まりである。教会は、神のみこころに従い、神を礼拝し、聖書を学び、バプテスマと聖餐の礼典を守り、福音を宣教し、主のしもべとして互いに仕え、福音のために共に戦い、愛のわざに励み、主の再臨を待ち望む。

9. [再臨と最後の審判]
  主イエス・キリストは、みからだをもって再び来られる。死者はからだをもってよみがえり、すべての者がさばきの前に立つ。主は信じる者を永遠の祝福に、信じない者を永遠の刑罰に、分かち定められる。主は終わりにすべてを新たにし、御国を父なる神に渡される。

 

 
Copyright (C) 2008-2009" TOYOAKE HOPE CHAPEL"